宋慧喬
  • シェア:
  • 時間:2013-01-09

韓国の名優宋慧喬さんは「成都パンダ基地大使」に就任
赤ちゃんパンダを訪ねに


 6月4日午後14時、韓国の名優宋慧喬さんは「成都パンダ基地大使」として、成都に来られ、パンダと触れ合いました。
 

s1.jpg


s2.jpg
 

 基地に着いた宋慧喬さんはまず基地主任の張志和博士と副書記の譚洪明と会談をしました。スーパースターとしての宋慧喬さんが成都へパンダを見に来ていただいて、また「のパンダ大使」に就任することは、素晴らしい公益行為だけでなく、持続可能なパンダ保護事業にも大きな貢献であると、張志和博士は賛嘆の意を表明しました。これに対し、宋慧喬さんもこれからより多くの芸能界および社会各界の人々にパンダのことを紹介し、中国のパンダ保護事業に関心を寄せようという願望を伝えました。
 

s3.jpg
 

 その後、宋慧喬さんはパンダ基地の産室を訪ね、08年四川大地震後生まれた赤ちゃんパンダと触れ合いました。かわいい赤ちゃんパンダを見て興奮していた宋慧喬さんはパンダ保護、特に地震後、赤ちゃんパンダの保育に全力を尽くしていたパンダ基地のスタッフに感心を示しました。パンダ親子の運動場で悠々としている赤ちゃんパンダの様子を見ていると、宋慧喬さんはスタッフの指導で張志和博士と一緒に子パンダに給食をしたり、遊んだりしました。最後、副書記譚洪明に案内された宋慧喬さんは基地内の子パンダとレッサパンダの檻を見学しました。
 

s4.jpg
 

 今回の宋慧喬さんとパンダとの触れ合いの写真は「星尚OK」に載られると同時に、これを主題とする公益映画も6月6日に上海文広メデイアグループのSMG星尚チャンネルに放送される予定です。上海東方テレビ局とネットチャンネルは世界向けに生放送する予定です。成都パンダ基地の譚洪明副書記も「星尚式典」に出席、また記者会見の際に宋慧喬さんに「パンダ大使」の証明書を授与する予定です。

 宋慧喬さんは四川大地震一周年にあたり、ジャッキー・チェンの次に訪ねてきた二人目のスーパースターです。それを手本に、より多くの国内外有名人や、企業と組合は我々のパンダ保護事業を支持することを託し、「成都ジャンダパンダ」というブランドの知名度が高まることも期待できるだろうと考えております。

  • 住所:中国四川成都外北成都大熊猫繁育研究基地、郵便番号: 610081
  • ©2007成都大熊猫繁育研究基地