生物多様性保護

(1) 生物多様性の重要性

 地球のあらゆる生命の多様性の総合である生物多様性に遺伝子多様性、種多様性と生態系統の多様性が含まれています。遺伝子多様性は同じ種の範囲での遺伝子による変異性で、種多様性は同じ地域での異なる生物の多様性と豊富度を指し、生態系統の多様性はある地域の生態環境の多様性及び世界中の大量な自然群落と生態系統のことです。

 

 生物多様性は我々人間の食物の出処です。我々食べている全部の食物は動物や植物からですが、世界食物の90%は15種の植物から取り、人間はただその中の150種を食物として植えて利用しています。野生植物は遺伝変異性と生まれつきの疾病抵抗力を持っているから、人工栽培の農耕物をその野生植物と異種交配すれば、この植物の疾病への抵抗力が高められます。ですから、野生植物を失うことはその重要な遺伝子多様性を失うことを意味しているし、これはまた食物の生産量を急落する可能性を招きます。

 また、我々人間の病気からの回復も自然環境に依頼しているから、生物多様性の人間の健康への重要性も無視できないのです。アスピリンの発明が植物のおかげだし、大量な植物を使用しているホメオパチーという治療法が示しているように、植物は、多年来自然界から病気の治療法を探している人間に有効な成分を貢献しています。経済面から見ても、薬の成分となる植物の価値が約6千億元もあり、測れないほどの多額です。もし人間が生物多様性を破壊し、生物の種とその生息地を喪失し続ければ、我々を助けているこれらの薬物を永遠に失うでしょう。

 

 人間は呼吸しなければ生きていけないものです。自動車や工場から排出された排気や、発電所の大気汚染などで、都市で生活している我々の呼吸している空気は実に汚いです。人間は都市を緑にし、庭園都市を作ろうと呼びかけているのは、生物多様性の人間への重要性が分かっているからでしょう。
また水源も生物多様性と深い関わりがあります。きれいな水源は我々人間には不可欠だと言えるほど重要な源泉です。健康的な生物多様性しか人間に健康な水源を提供することができないのです。
生物多様性は人間の家づくりにも原料の保証をしてくれます。我々は樹木や木材などで家や家具などを作っています。木や他の植物は紙作りに広範に用いられています。これらの植物は既に我々の日常生活には不可欠な存在となっていることは誰でも否認できないでしょう。

 

 自然界の生物多様性が人間の生活を向上していると言えます。山や川などの雄大さと、花鳥などのカラフルさでなっている自然界の美景に惹かれている我々はこのような自然界を大事にすべきです。自然界の不思議な山水と多様な生物が共存しているから、人間はそこから美しさが感じられるのです。この美しい大自然のおかげで、我々の生活はこのように豊かで面白いです。このような自然界があったからこそ、人間の生活が向上できる可能性があるから、我々自分にとっても未来の世帯にとっても、生物多様性を失うことは美景  と奇跡を失うことと同じ意味にしているでしょう。

 生物多様性は世界経済にもとても重要な役割があります。健康な環境が健康的な経済と社会安定の基礎ですから、多様化な自然よりの製品と貢献がなければ、人間の生存も難しくなります。

 

 一言に言うと、生物多様性の内在価値は人間に与えている価値よりかなり大きいと言えます。我々人間とこの地球に共存している動物や食物にとっては、生物多様性は保護すべきことは言うまでもないでしょう。


1.jpg 1.1.jpg
 

(2) 生物多様性の喪失

人口の急増と自然資源の過度利用などで、我々は生物多様性を急速に失いつつあります。その主因は次です:

 生息地の退化と喪失:人間の開発と農業生産が、生物多様性への最大で唯一の脅威です。農業生産は動物と植物の天然群落を略奪しているし、開発も空気と水を一層汚染していて、両方ともは環境を退化させ、生物多様性の喪失を加速しています。また、開発は植生のない土地の水土流失を悪化し、水土流失による沈積作用の加速も渓流の栄養物質と肥料となる有機廃棄物への循環力を低下させています。

 外来生物種の侵入:侵入してきた外来生物種は自然の生態系統を変える怖い力があります。資源を獲得し、生息地を占有しようとする外来生物種は何百種の現地種をなくす可能性もあります。このような外来生物種には人間がわざと導入したのもあるし、国際貿易を経由して偶然に入ってきたのもあります。

 地球温暖化:交通機関と工業に排出された二酸化炭素は温室気体になり、気温の上昇と紫外線放射の増加は動物と植物の生息地に変化を与えています。また開花植物の花期が変わると、そこから受粉する鳥類の生活ぶりも変わるから、動物の移住するパターンも温暖化の影響を受けています。

 人口過剰と資源の過度消費:六十億も超えているのにまだ急速に増加している人口に淡水と燃料が需要されています。これは地球と生態系統に重い負担をかけながら、世界中で人間の商品とサービスへのニーズを高めています。特に、工業化国家の平均資源消耗量は遥かに発展途中国のを超えています。

 野生動植物の開発と利用:野生動物貿易、密猟及び食物や伝統的な薬品を目的とする狩猟などにより生物多様性は多大な損失を被っていました。各地方の乱獲する漁業は一部分の水生種を絶滅にさせているし、水生生物の多様性を低下しています。


2.jpg2.2.jpg


(3) 中国の生物多様性

 中国は生物多様性が特に豊富な国の一つです。中国では高等植物は3万種すぎもあり、その中に世界15科850種の裸子植物の10科250種は中国にもあるから、世界中裸子植物の一番多い国とされています。脊椎動物も中国では世界種数の14%で、6347種もあります。稲と大豆の原産地である中国での稲と大豆の種数はそれぞれ5万と2万に達しています。また中国の特有な属、種も多いです。特に高等植物に特有種が一番多くて17300種もあり、中国高等植物合計数の57%を占めています。6347種の脊椎動物に、中国特有のは667種で、10.5%を占めています。広い中国は地理環境が複雑で、南北の気候変化も著しいから、生態系統も多種多様で世界あらゆるの生態環境を持っています。

 

 それと同時に中国が人口の多い国ですから、人口の過度で急速な増加は自然資源に巨大な圧力を与え、植物成長環境に大面積の喪失と断片化をさせています。過度に野生動物を狩猟し、不毛の山地を開墾し、過度放牧と森林伐採などの人間活動は草原と牧場の退化と砂漠化、水土流失、生物多様性の喪失などの結果を招いています。また導入された外来種は現地のたくさんの種に絶滅させました。農業部の統計によると、現在我が国にある380種の外来植物と40種の動物による被害は既に1198.76億元に達しているそうです。中国の生物多様性を保護するために、政府は一連の法律と法規を定め、生物多様性の国際保護公約に参加するなど多方面の努力をしています。また全国で国土面積の9.85%を占め、面積9821ヘクタールの1227個自然保護区を作りました。国土の大半で天然林の伐採を止め、「退耕還林」という環境保護措置をとっています。

 为了保护中国的生物多样性,中国政府作了多方面的努力。制定了一系列的法律和法规,加入了生物多样性国际保护公约。在全国范围内建立了1227个自然保护区,总面积达9821公顷,占陆地国土面积的9.85%。在许多省市全面停止了天然林采伐,并实行了退更换林工程。


(4) 生物多様性の保護に私たちのできること?

 生物多様性保護の重要性を意識した各国の政府は相次いて各法律と法規を発布し現状を改善しようとしていますが、それに対し、一般市民としての私たちも自分の日常生活で様々な行為と選択で、自分なりの生物多様性保護活動ができるのです。例えば、乱伐と密猟を反対すること;野生動植物を食べないこと;毛皮貿易や、絶滅動物或いはその体の一部分(象牙や、麝香など)で作られた製品を排斥すること。これらの製品を見かけたら、関係部門や警察や、メデイアなどに通報すること;野生動物で作られた薬品の使用を拒絶すること;野生動物ではなく、飼育動物をペットにすること;野生動物の生息地を保護すること;より多くの生物多様性の関連知識を学び、また親友とシェアし合うこと;親友を誘い、自用車の代わりになるべく公共の交通機関を利用したり、自転車に乗ったり、歩いたりすること;充電式の電池を使い、普通電池のリサイクルに注意すること;商品の利用価値を最大化し、新品の購入を控えること;ビニール袋や割り箸などの使い捨て商品を使わないこと;ペンキやガソリンなどの有毒液体をうまく処分すること;殺虫剤や除草剤などの使用を避けること;現地種の植物を植え、外来種を拒絶すること;礼儀正しい観光者になること:観光地で写真以外何も持って帰らないし、何も残らないこと;野生動植物の正常な生活を邪魔しないこと;地球の一員として環境問題を考え、現地人として環境保護をしましょう 

  • 住所:中国四川成都外北成都大熊猫繁育研究基地、郵便番号: 610081
  • ©2007成都大熊猫繁育研究基地