他の動物保護に関する情報

(1) 両棲動物

 蛙、蟾蜍、火蜥蜴、イモリと足なしイモリなどの動物は両棲動物と呼ばれます。最初の脊椎動物としての両棲動物は350万年前から地球に定居しはじまりました。

 

 両棲動物は生態系統と食物連鎖では極めて重要な役割を果たしています。植物と微小動物を食べる両棲動物は同時に他の動物の食物となっているから、栄養循環に重要な影響を与えています。成体の両棲類動物は人間と他の動物に傷害を与えないから、生物界での最好の殺虫剤とも言えます。生態系統でこんな重要な役割を果たしている両棲動物であるから、その数量の減少と絶滅は周囲の動植物にひどい影響を及ぼします。

 

 環境の変化に敏感な両棲動物は、環境が退化したら、すぐその悪影響を受けて急激に減少するから、最も重要な生物指示剤だとされています。

 

 しかし、このような両棲動物も現在危険な状況に面しています。近年、地球での蛙、蟾蜍とイモリなどは急スピートで激減していて、既に絶滅した地域も出ています。両棲動物の生息地が破壊されていないのに、にぎやかだった森林は急に静寂になったから、人間に気づかれていない環境問題が出ているに違いありません。たくさんの科学者が両棲動物の減少問題を解決しようと努力していますが、たくさんの生物種の消失は我々の原因究明速度より速いのは事実です。

 

 両棲動物の減少は次の原因が考えられます:伝染病(ウイルス、細菌の伝染と寄生虫)、環境からの有毒物とホルモンの侵害、紫外線の取りすぎ、地球温暖化と他の生態条件の妨害。

 

 両棲類の減少の環境に与える影響は非常に大きいです。例えば、両棲類を食物とする爬虫類と哺乳類動物及び他の動物の数が減らすのに対し、微生物と昆虫類の数量が増やすことになります。また両棲動物の減少は水環境の変化、魚類の減少など一連の連鎖反応を起こす可能性があります。そのほか両棲類の減少は食物連鎖の断裂を招き、その結果として食物連鎖は独自の方式で食物連鎖全体で反応を起し、更にその影響を人間までに及ぼす可能性もあります。

 地球温暖化の軽減措置:エネルギー消耗量の軽減するために節電すること;自用車の代わりに公共交通機関を利用すること;樹木を植えること;環境汚染を減らすこと;化学品の使用を減少する;蛙や蟾蜍及び火蜥蜴などを食物や、ペットや薬品などとして買わないこと。


(2) アジア亀危機

 ウミガメと亀はその長生きで、おとなしい性格、綺麗な外殻と好まれる外観で人間に喜ばれ、崇拝されている動物です。しかし、残念なのは、亀類も他のたくさんの種と同じように驚くの速度で絶滅に向いています。特にアジア淡水亀の3/4はすでに保護リストに載っていて、その半分以上も絶滅危惧種の行列に入っているから、アジア亀は測れない将来に面しています。

 生息地が破壊されたのは種が消失する主な原因だとされていますが、亀の場合、人間の過度な消費と汚染が主因だと判断されました。アジアで亀類は食用、薬用とペットとして買われているし、工芸品として販売されるのもよくあります。亀類貿易の数量と重量に関する記録がありますが、不十分なデータだから、今までの亀類貿易の真相把握には難しいです。

 

 運送中と市場で受けた虐待が動物の面しているもう一つの主要問題で、亀類も同じです。運送中に死亡したり、重病にかかったりした数多い動物たちの運命から、人間が命に対する尊重の不十分さが分かるでしょう。

 

 ペットとして亀を買ってきた飼い主は、どのようにその面倒を見るべきかは大体分からないから、餓死したり、病気で死んだりする亀が多いのです。飼い主は気軽にまた新しい亀を買いに行くから、数少ない野生亀には一層重い災難となります。

 

 長生きの亀は飼い主に嫌われたら、野生に戻されることが多いが、しかし、外来の亀類が増えつつある新環境でどう生きていけばいいか分からないから、これらの亀が面しているのは死んだりするか、またペットとして再販売されたりするかの二種類の運命しかないです。アジア亀はこのように生存力と繁殖力の強い外来の亀類に生存資源が奪われ、絶滅に向かれているのです。

 

 亀類はこのような絶境に面していることが分からない人が多いから、ただ亀類と亀製品を買ったから責められるわけではありません。だからこそ、より多くの人に動物の現状を伝え、その自分なりの決定を待つのが私たちの仕事と使命です。

 

 少なくとも我々誰でもできるのは:勝手に亀を野生に戻さないこと;亀類の生きる環境を保護するために、ゴミや有毒成分のあるものを勝手に捨てないこと;亀類に関する知識を伝播し、他人に亀類を買わないのを説得すること。

g.jpg

  
(3) ペット

 動物も極めて敏感な生き物だから、人間と同じように苦しさ、恐ろしさ、悲しさ、楽しさ、孤独感、飢餓感、挫折感、幸福感、快適感などが感じられるのです。ヘルシーな食物、快適な家、友情、愛と保護など、我々人間の需要も同じように動物に需要されています。

 ですからペットが家に来る前に、飼い主としての心構えが必要です。面倒を見る時間があるのか、費用の負担が大丈夫なのか、家族に支持されるのか、大家さんか団地に許可されるのか、ペットの一生の面倒を見る覚悟があるのかなど。またペットに関する資料と、快適な住所、安全な食物、信頼できる獣医なども必要です。

 

 相応しいペットを選択しましょう。どのように野生動物のケアをすべきか分からないから、たくさんの命が奪われたので、野生動物はペットには適しないです。同時に、キャッチ、運送、販売の過程ではひどく虐待されていたから、数多い動物は飼い主の手に届く前に死んでしまいました。ですから、猫、犬、金魚、げっ歯類動物と鳥類など人間に飼い慣らされた動物をペットにしてください。また迷い子と、ホームレスの動物を養子組をするのも店から買うのより思いやりがあるからお勧めします。もしペットを買うなら、ぜひ評判のいいペットショップを選んでください。

 

 栄養豊かな食物はペットの健康に不可欠だから、ペットの需要を把握し、それに適する食物を選択し、定時に給食することはその健康の保証となります。

 

 ペットに避妊手術をしてあげましょう。避妊は野良猫や、犬の有効な防止策です。去勢された動物は寿命も長くなるし、子宮、卵巣、乳腺、前立腺と精巣癌にかかるリスクも低下されるから、ペットがより健康的になれます。去勢されたオス動物は街を彷徨ったり、他の動物と喧嘩したり、車にぶつかったりする可能性が低くなり、去勢された猫も縄張りを争うためにどこでもおしっこする癖も治れます。また去勢された動物はより静かで、飼い慣らしやすくて、人間の親しいパートナーになりやすいです。

 ペットの心理健康を重視しましょう。ペットに快適な生活環境を提供し、新奇なものを見せてその好奇心を喚起し、より多くの付き添いと愛情をあげ、積極的に嗅覚、聴覚と餌探しなどの訓練をしてください。絶対に飼っているペットを見捨てたり、野生に戻したりしないでください。もし野生へ戻されたら、そのペットは環境に慣れなくて死んだり、或いは環境への適応能力が強すぎて、現地動植物と資源を奪い、その現地動植物を死なしたりすることになるかもしれないから。

 人間のパートナーであるペットは我々と一緒に生活し、完全に人間に頼っているものだから、動物の一生のために責任を持つべきです。飼い主の皆様へは次のアドバイスがあります:ペットを家族として引き受ければ、愛情をこめてその一生のケアをしてあげましょう;その習性と需要を知り、ペットを尊重しましょう;身分証を取り、定期的にワクチンを注射してあげましょう;適する食物を提供し、避妊手術をしてあげましょう;毎日チェンジし、常にきれいで新鮮な飲用水を提供してあげましょう;毎日運動する時間(普通一日15~20分間が必要です)を保証してあげましょう;身分の分かりやすい印をつけてあげましょう;自分のペットをよく管理しましょう。犬と出かける時必ずロープを引き、その糞を片付けましょう;毎日なるべくペットとの過ごす時間をつくり、交流しあったり、人間とうまく付き合うことを教えてあげたりしましょう。

z.jpg z1.jpg
 

  • 住所:中国四川成都外北成都大熊猫繁育研究基地、郵便番号: 610081
  • ©2007成都大熊猫繁育研究基地