【パンダ知識】行為特徴

 一日の半分は食事にかかるパンダの残りの時間は殆ど寝ています。野生パンダなら食事の間に2~4時間ぐらい寝ます。横たわったり、俯せたり、伸びたり、うずくまったりするパンダの寝相も多いです。動物園でのパンダは一日二食を取っているから、残りの全ての時間に休んでいます。大きくて重い体を様々な姿勢をして寝るのが上手なパンダの寝相もとても可愛いです。特にパンダに好まれるのは木に足を蹴り、両手で目を遮る姿勢です。    

 丸々太った体と独特な鈍きな歩き方がパンダの一番可愛い所だとされています。十分な食べ物があり、天敵のない環境に生きているからパンダはこのような鈍きな性格になったと思われるかもしれませんが、実はこれはパンダの食習慣によるものです。低カロリーの食物を食べているパンダは時には木に登って周りの様子を見たり、寝たりするのもありますが、エネルギーの消耗を減らすためになるべく体の動きを緩やかにして、エネルギーを保存しているのです。

 木登りの上手なパンダは大体プロポーズと危険回避のために木を登るのです。遊ぶのも勿論好まれるようです。谷にある村民の住宅に入り、丸い食器をおもちゃとして遊んだら山に捨てた報道もあるし、羊や豚などの家畜と親しく遊んだり、一緒に寝たりする報道もあります。

 またパンダはとても温順な動物です。初対面のパンダは照れくさくて、よく前足で目を遮たり、頭を下げたりします。進んでほかの動物や人間を攻撃することは珍しいから、例え野外で何かに会っても回避して逃げるパンダが多いです。しかし、こんなおとなしいパンダであっても一旦母親になったら、子供を守るために、怒りっぽくなります。

 パンダは猫と同じように体を伸ばしたり、下半身を上げたりするのもできるし、目覚めてから前足を伸ばしてあくびする時もあります。水で体が濡れたら犬と同じように体を振り回して水玉を振り払えます。

 発情期に入ると、二、三頭の野生パンダはメスパンダのために喧嘩し合うことがよくあります。たまにはオスとメスの喧嘩も見られます。動物園のパンダの間に起きた喧嘩は水や、食物や縄張り争いをめぐるものがほとんどです。

12.jpg

  • 住所:中国四川成都外北成都大熊猫繁育研究基地、郵便番号: 610081
  • ©2007成都大熊猫繁育研究基地