【パンダ知識】育児

 パンダの繁殖率が極めて低いです。分娩したママパンダは一年半をかけて赤ちゃんの面倒を見なければならないから、パンダは象や、虎などのほかの動物と同じように隔年出産です。どう食物や水源などを探すのか、どう天敵を避けるのか、どう病気にならないのかなどの命かかる知識の他、どのように交配相手を見つけるのか、どのように親になり、立派なパンダになるのかなどの能力も、殆どこの時期でママパンダから学んだのですから、この一年半はパンダの一生にとても重要な時期です。一人生活が好きなパンダにとっては、一生でほかのパンダと共同生活できるこの唯一の時期はとても大事なチャンスだし、野生化される予定のあるパンダにとっては、この時期で育てられてきた自然繁殖能力も極めて重要な判断の指標です。

 

 パンダの妊娠期は83~200日で、出産は大体八月です。隠れた木の穴か天然の洞穴かに生まれた赤ちゃんパンダは、慎重に用意された小枝と干草からママの愛が感じられるのでしょう。

 パンダの繁殖に特にユニークな点はその生まれた新生児の発育が不十分なところです。生まれた赤ちゃんパンダの平均体重は145gで、成年パンダのわずか千分の一で、最軽量のは51gで、最重量のも225gに過ぎないです。赤ちゃんパンダの面倒をみるのは少なくとも18ヵ月、長いのは2年間かかるのもあるから、メスパンダにはとても辛い仕事です。

 生まれたパンダのピンク色の肌に、疎らな白髪があります。出産した最初の何週間に、ママパンダはいつも赤ちゃんを抱いたり温めたりして、少し移動しても赤ちゃんを口に銜えて、殆ど寸歩も離れない状態です。この点では、飼育パンダにせよ野生パンダにせよ同じです。もしママパンダが赤ちゃんを舐めていれば、それは赤ちゃんの排便を助けているかもしれません。赤ちゃんパンダにとって、鳴き声が母にメッセージを伝える重要な手段です。乳を飲んだり、排便したりしたい時や、寒暖などによる調子の悪い時など、赤ちゃんは異なる鳴き声でママの注意を喚起しています。1~2週間してから、黒毛の所は段々色が濃くなり、一ヶ月以内、体に黒い耳、目元、足と肩の帯が出てきて、ますますママに似てきます。6~8週間後の赤ちゃんは既に目が開けられ、歯も出てきたが、3ヶ月後はゆっくりうごめくようになります。

 赤ちゃんの生存を確保するために、野生パンダはもし双生児を産んだら、その弱い方を無視したり、拒絶したりをするのが普通ですが、人工飼育の場合では「ベビ・チェンジ」という技術のおかげで双生児の生存が確保できます。

10.jpg

  • 住所:中国四川成都外北成都大熊猫繁育研究基地、郵便番号: 610081
  • ©2007成都大熊猫繁育研究基地