【パンダ知識】繁殖

 飼育パンダはメスは4歳、オスは6歳から繁殖期に入るのが普通ですが、野生パンダなら繁殖期がやや遅いです。繁殖期以外のパンダは一人生活が普通で、毎頭のパンダも自分の区域があります。

 メスパンダの発情期は年に一回だけあり、大体毎年の3~5月の間の短い二三日です。成年パンダは主に匂いや嗅覚などで知り合いながら親しくなり、発情期のクライマックスに達したら、連続な鳴き声や待機中の姿勢などで相手に愛を示し、交配を誘うのです。発情期に入ると、2~5頭のオスパンダは喧嘩し合ってメスパンダとの交配権を奪うのもあるし、メス、オス一頭ずつ愛し合うのもあります。場所は地面では多いが、たまには木の上でするのもあります。人間と違うのは、時にはパンダの交配現場には見学にくる亜青年と交配力の弱いパンダもいることです。発情にしろ、高潮に入るのにしろ、普通オスパンダの発情行為はメスパンダと同時性を持っています。発情期のオスパンダは何頭のメスパンダと交配することができ、メスパンダも何頭のオスパンダと交配することもできますから、パンダの世界では多配偶者の婚姻制度です。交配を終えたパンダはまた元の一人生活に戻り、妊娠、分娩と育児は殆どメスパンダの仕事になります。
 

9.jpg

  • 住所:中国四川成都外北成都大熊猫繁育研究基地、郵便番号: 610081
  • ©2007成都大熊猫繁育研究基地