【パンダ知識】パンダの食事

 パンダの毎日の半分ぐらいの時間が食事にかかっています。自分の祖先と似たパンダは、肉食類動物と同じように短い消化器、鋭い犬歯、単室の胃袋を持っていますが、盲腸、鋭い爪と発達したパッドなどがありません。長い進化の道で、パンダの主食はだんだん繊維豊富な竹となりつつ、それに応じて咬筋と歯もますます発達になると同時に、より便利に竹を握るために、前足の五本の爪の他、腕骨の所から六本目の爪までも出てきました。

 一日の大半に、パンダは手足を弁用して食物を収集したり、準備したりしています。座ってもいいし、横になってもいいし、とにかく姿勢を問わずいつでもどこでもパンダは竹を剥いたり、笹を食べたりしています。食物の99%は竹ですが、たまに野花、藤、草、蜂蜜や、肉さえも食べています。

 気候と食物の分布により、パンダは垂直移動する習性があります。夏には高山へ筍を取り、秋と冬には雪のない中低山の地区へ移動します。

 毎日たくさんの竹を食べているが、食物の消化と利用率が低くくて、食物の体内での時間が短いから、パンダは大量に竹を食べ、快速に排出する食べ方で、自分の体の需要を満足しています。季節によりパンダに食べられる竹の部分も違うのです。一日の食糧は大体:筍23~40㌔、笹は104~18㌔、竹の枝は17㌔です。パンダは竹を筍、笹と枝の順に食べ、竹の栄養豊かな部分を優先に食べる他、外見の良い竹も優先に取るのが普通です。このような「策略」から、鈍く見えるパンダもそれなりの頭の良さがあることが分かるでしょう。

7.jpg

  • 住所:中国四川成都外北成都大熊猫繁育研究基地、郵便番号: 610081
  • ©2007成都大熊猫繁育研究基地