【パンダ知識】外形

 言われたどおりに、熊と似ている外形を持つパンダは、そのふっくらした体に丸い頭と短い尻尾があり、身長が1200~1800mmで、尻尾の長さが100~120mmぐらいあります。体重は80~120キロのが普通ですが、180キロまでのもあります。飼育されたパンダは野生パンダより体重が重くて、メスより、オスの方が体重が重くのも普通です。頭と体の毛は白黒はっきりしていますが、その黒は純粋な黒ではなく、白も純粋な白でもなく、黒に茶色が入り、白にも黄色が入っていると言うべきです。秦嶺あたりのパンダは体が大きく、毛も粗雑で、腹の毛はやや茶色のに対し、岷山(特に青川平武あたり)のパンダは体が小さく、毛も細くて、腹の毛はあまり茶色が見えません。ほかに、涼山のパンダも体が大きい方です。

 このような白黒混ざっている色は密林と積雪の地面では天敵の目から逸らせるし、鋭い爪と力強い足も素早く高い木に登るのに有利です。


 パンダの肌が厚くて、一番厚いところは10mmもあり、ところにより肌の厚さも違います。背中の肌が腹のより、外側のは内側のより厚いですが、白くて弾力性と強靭性の富む肌の平均厚さは5mmです。

3.jpg3.jpg

  • 住所:中国四川成都外北成都大熊猫繁育研究基地、郵便番号: 610081
  • ©2007成都大熊猫繁育研究基地