パンダの繁殖成果

 建立されて以来、成都ジャイアントパンダ基地は科学研究を応用と結合し、今まで世界最大な人工飼育パンダの繁殖種を育成しました。その成果としてのパンダ基地も生息地外保護の繁殖センターとなっています。
 

 
歴史
 

 20世紀七、八十年代、邛崃山、岷山などのパンダ生息地では、パンダの食用竹は開花して枯れたから、1974年から1983年の間に、250頭のパンダが餓死してしまいました。成都パンダ基地(元成都動物園)のスタッフたちは、四川省林業局が行ったパンダの救援活動に積極的に参加し、重病のパンダを成都動物園に運んだと同時に、成都軍隊総合病院の専門家たちと一緒に被災地からのパンダを救助していました。またパンダ生息地の救助力を高めるために、成都パンダ基地は「四川省パンダ救助医療関係者の研修コース」を設け、パンダの生息地まで指導へ行き、パンダ保護の基本知識を普及していました。1974年から1993年まで、疾病や、飢餓などで救助された野生パンダは63頭まであり、その75%は治癒され野生へリリースされました。しかし、救助された当時の病状と生息地の条件に限られ、その中の6頭は生息地へ戻れなくなり、成都パンダ基地で人工飼育されるようになりました。この6頭にはメスとオス3頭ずつあり、それぞれの名前は「美美」、「果果」、「蘇蘇」と「強強」、「川川」、「6号」です。
 

1111111.jpg
 

 
パンダの種づくり
 

 20何年の発展を通し、中国で最も早くパンダの生息地外保護を行った成都パンダ基地でのパンダの数量は既に113頭に達しているから、世界最大な人工飼育パンダ種となっています。

 


1、理念
 建立されて以来、基地は次の二つの原則を厳守しています:絶対に野生からパンダを獲得しないこと;科学技術の力でパンダを救助と保護すること。パンダの群れの数を増加するために、基地はパンダ繁殖を中心に、パンダの生物種の品質を高める努力を絶えなく続けています。

 

2、成果
 科学技術の進歩のおかげで、基地は24年間も野外からパンダを取らずに、ただ前世紀80年代救助された6頭の野生パンダを元に、科学技術の成果を利用し合計172頭の子パンダを繁殖しました。パンダ頭数が113頭にも達しているパンダ基地は今まで世界最大な人工飼育パンダ種を作り出しました。
特に、2006年から2011までの間に、基地は今までない素晴らしい業績をあげました。前世紀80年代に救助された「美美」というメスパンダは7回の出産で11個の子パンダを産んで、その中の8個も生きてきたから、「スーパーマーザー」になりました。そのほか、90年代の「慶慶」と、いまの「ヤーヤー」も9回の出産で産んだ13個の子パンダの素晴らしい成果で再び記録を更新しました。

 同時に、基地は長期にわたり、病気にかかった野生パンダや、ほかの機構で飼育されているパンダの救助と繁殖に全力を尽くしています。いままで既に何頭の野生パンダは救助を受け、治癒された後また野外へ戻されました。更に、パンダ基地は臥龍、宝興、平武、白水江、陝西などの自然保護区と北京、重慶、昆明、西安、福州、蘭州、陝西楼観台などの各地のパンダ飼育機構と、パンダ及びその精液を交換するなどの形で技術の支持をしたり、交流し合ったりしてたくさんのパンダ救助、繁殖活動に関与しています。このような努力し続けているパンダ基地は中国のパンダ数量の増加、野生パンダの生物種作りに多大な貢献をしたと公認されています。

 

 ジャイアントパンダのほか、パンダ基地はレッサパンダの保護にも取り込んでいます。レッサパンダの人工育児、寄生虫とジステンパーなどの伝染病の予防では重大な突破を遂げました。現在、基地にレッサパンダが76頭あり、世界最大なレッサパンダの人工飼育群れとなっています。
繁育2.jpg 

 
技術面での成果
 

1、人工飼育パンダの繁殖

 


(1)世界初でパンダ「繁殖難」の解決

 A、1980年初めて冷凍された粒状の精子で人工授精に成功したから、パンダの出産率を11.2%アップしました。

 B、2000年に冷凍細管精子で人工授精されたメスパンダ(家系図番号408)は成功に出産しました。

 C、新行為学の理論を生かし、2004年世界初で人工飼育条件での自然交配できるオスパンダ「師師」を育成しました。

 D、麻酔とストレスがパンダの排卵への影響、及び一部分のパンダには排卵遅延現象があることを世界初で発見しました。排卵規律のこれらの新発見がパンダの排卵期に合わせて授精することが可能にしました。

 

(2)世界初でパンダ「育児難」の解決

 A、基地が1990年に発明した双子の育児技術は子パンダの生存率を30%から70%にアップしたから、国家科学技術二等賞を受賞しました。

 B、2006年パンダの搾乳難を解決した。パンダを馴らして初乳を採集ことができ、双子パンダの赤ちゃんが十分に初乳が飲めるようになったから、赤ちゃんパンダの生存率を70%から90%以上、近年には更に100%までにアップすることができたのです。2006年基地で生まれた世界最軽量の51グラムの子パンダが人工育児技術のおかげで生き残られるのは 世界中でもいままでない奇跡とも言えるでしょう。
 

(3)パンダの科学繁殖問題の解決
 

 パンダ基地は科学的な飼育方法でパンダの発情問題を解決しました。今まで問題視されていた「発情難」の背景には科学的な飼育方法が欠けていたことが挙げられます。これで慢性下痢と営養不良症などパンダの健康に障害していた疾病の予防ができるようになったし、粘液便をする頻度もダウンしたから、パンダの排便問題も改善されました。


2、疾病予防管理

 慢性下痢、営養不良症、出血性大腸炎、輪状ウイルス感染、回虫症、ジステンパーなどパンダの健康にひどい障害を与えていた疾病の予防問題を解決しました。
 

3、遺伝子管理

 

 (1)パンダの親子鑑定と生物種としての遺伝子管理問題を解決しました。一代目の親子鑑定は999年のDNA指紋鑑定技術です;二代目の親子鑑定は微衛星技術で、生物種の遺伝子管理を全面的に行うことです。

 

 (2)できたパンダの遺伝子リソース・ライブラリはパンダの遺伝子多様性と生物種保護に「ノアの方舟」を提供しているようです。世界最大なパンダ精子バンクと世界唯一のパンダ細胞バンクが既にできていて、パンダの幹細胞バンクと組織サンプルバンクも作り始まりました。

 

 b90f96424172b6fb55bc9ad1344754c4.jpg

  • 住所:中国四川成都外北成都大熊猫繁育研究基地、郵便番号: 610081
  • ©2007成都大熊猫繁育研究基地