科学研究交流にアメリカスミッソン保護生物学研究所の研究員
  • シェア:
  • 時間:2017-03-15

最近、アメリカスミッソン保護生物学研究所の研究員Megan Vodzak氏とテキサス州フォートワース動物園の獣医Carlos R Sanchez氏(元ワシントン動物園獣医)が成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地を訪ね、四日間の交流活動を行いました。
Carlos R Sanchez氏はまずこれから展開しようとする二つのプロジェクトについての報告をしてから、パンダ基地の王成東副主任、動物病院のスタッフらと一部の研究員と討論を行いました。その後、基地のスタッフに協力されたCarlos R Sanchez氏は見本を取り、予備実験とその準備もしました。今回の交流と共同実験を通し、基地内の一部のジャイアントパンダとレッサーパンダの寄生虫のはやりぶりをスクリーニングし、将来の研究案をめぐり討論と交流をしていたから、中米両国のこれからの科学研究の連携のために良い基礎を築いたし、研究プロジェクトの共同申請と完成にも役立つだろうと考えられます。

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 住所:中国四川成都外北成都大熊猫繁育研究基地、郵便番号: 610081
  • ©2007成都大熊猫繁育研究基地