イスラエルのボランティアがジャイアントパンダの故郷を訪問 「成華区の旅」イベントが成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地で始動
  • シェア:
  • 時間:2018-01-25

 先日、「成都市成華区の文化旅行、ジャイアントパンダの故郷―イスラエルのボランティア 成華区の旅」イベントが成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地(以下、パンダ基地)で正式に始動しました。今回、イスラエルの有名なコメディアン、ミュージシャンであり、映画「アイス・エイジ」のナマケモノの声優を務めたTal Friedman氏、数々のテレビ番組、ドラマ、映画に出演し、イスラエルの映像大賞の受賞者であるOrna Banai氏の2名のイスラエルのスターがボランティアとしてイベントに参加しました。また、成都市成華区人民政府の万琳副区長、在成都イスラエル総領事館の藍天銘(Amir Lati)総領事、崔梧蕤(Uri Zirinski)副総領事が、パンダ基地にてボランティア御一行と会見を行いました。


图片1.png
会見の様子

图片2.png
記念撮影

 

 今年は、中国とイスラエルの国交樹立25周年に当たります。そこで、イスラエルの国民の中国に対する理解を深め、両国国民の友好関係のさらなる発展を目的とし、成都市成華区と駐成都イスラエル総領事館とが協力し、イスラエルでパンダ基地でのボランティア活動の参加者を募集しました。この活動には、当イベントを通じて、パンダ文化のブランドを世界に向けて発信するという大きな狙いも含まれています。3日間のイベント活動の間、スターたちはいつもの輝かしい身分から離れ、保護教育の授業に熱心に耳を傾けたり、ジャイアントパンダの保護の現状や育成についての知識を深めていました。その他にも、ジャイアントパンダの獣舎の掃除や行動観察を行い、ボランティアに必要なトレーニングを受けた後、来園者に向けて解説を行いました。

 今回の活動は、決して楽なものではありませんでしたが、Tal Friedman氏とOrna Banai氏は楽しみながら取り組んでいました。彼らにとって、成都に来たことで、中国を深く理解するための扉が開かれたと言えるでしょう。Tal Friedman氏は、次のように話しています。「今回の経験は、人生で一番楽しい思い出になりました。ジャイアントパンダは中国の国宝であり、世界中の人々から愛される宝でもあります。彼らがのんびりと気ままに生活している姿と、彼らを取り巻く棲み心地の良い環境、そして、この種を保護するために真剣に働くスタッフたちを目の当たりにし、安堵と尊敬の気持ちが溢れています」

 彼らの今回のイベントの様子は、同行したイスラエルの国営テレビ局のカメラに収められ、イスラエルで放送される予定です。番組を通じ、イスラエルの国民は、パンダブランドと成都の文化をより深く理解することでしょう。Tal Friedman氏とOrna Banai氏も、より多くの人々が環境保護やジャイアントパンダをはじめとする絶滅危惧動物の保護に関心を持つよう呼び掛けていました。

 

图片3.png
パンダ基地を見学する様子

图片4.png
パンダ基地を見学する様子

图片5.png
ジャイアントパンダの行動観察

图片6.png
獣舎の清掃

图片7.png
獣舎の清掃

图片8.png
ジャイアントパンダの保護教育講座

图片10.png
ボランティアたちによる解説

图片11.png
ボランティアたちによる解説

 

 

  • 住所:中国四川成都外北成都大熊猫繁育研究基地、郵便番号: 610081
  • ©2007成都大熊猫繁育研究基地