「第1回 中国ジャイアントパンダの科学普及教育を目的とした貸与・展示管理交流大会」が成都で開催
  • シェア:
  • 時間:2018-12-18

 2018年12月3日から6日にかけ、「第1回 中国ジャイアントパンダの科学普及教育を目的とした貸与・展示管理交流大会」が、中国林業草原局、四川省林業草原局、成都市林業園林管理局の支援のもと、成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地(以下、成都パンダ基地)主催で四川省成都市にて開催されました。同会議は、中国におけるジャイアントパンダの科学普及教育に向けた貸与・展示管理体制を強化することでジャイアントパンダの飼育個体群の健康的な成長を図り、科学普及教育と文化交流事業の効率的かつ段階的な発展を推し進め、人々の野生動物保護の意識を高めることを目的として開催されました。

 開幕式では、中国林業草原局野生動植物保護司ジャイアントパンダ保護管理処の王振占処長、四川省林業草原局野生動物資源調査保護管理センターの楊旭煜センター長、成都市林業園林管理局副巡視員の羅葉氏、成都パンダ基地の譚洪明副書記らが代表して挨拶を述べました。中国動物園協会副秘書長の張金国氏、唐山市林業局副局長の辺永豊氏、成都ジャイアントパンダ繁殖研究基金会副理事長の劉建雄氏らをはじめ、中国国内の40か所以上のジャイアントパンダの科学普及教育機関の約120名の代表者らが大会に出席しました。

 王振占氏は、挨拶の中で「ジャイアントパンダは、すでに1つの種の枠を超え、野生動物保護、科学普及教育、環境保護、平和友好、調和的発展を代表するのに最もふさわしい媒体・象徴と言え、様々な要素を含む文化的シンボルへと成長を遂げています。ジャイアントパンダの個体群の発展に伴い、我が国では2005年から科学普及教育を主な目的としたジャイアントパンダの貸与・展示活動をスタートさせ、現在までに国内の73か所の機関で計151頭を飼育してきました。中国政府は、科学普及教育を目的としたジャイアントパンダの貸与と展示活動に高い関心を示し、これまでも一連の政策が実施されてきました。今会議の開催により、科学普及教育に取り組む各機関同士がお互いに交流を深めることで、我が国のジャイアントパンダの貸与・展示管理のレベルの向上に大きな意義をもたらされることでしょう。交流を通じて、各機関同士が手を取り合い、協力関係を深めることで、ジャイアントパンダの保護と科学普及教育事業の継続可能な発展の推進に繋がると信じています」と述べられました。

 羅葉氏は「ジャイアントパンダの科学普及教育を目的とした貸与・展示活動の発展は、各主管部門の関心やサポート、そして人々の努力が無ければ成し遂げることは不可能です。まだまだ多くの模索すべき点や発展の余地が存在する、先の長い長期事業と言えます。当会議を通じて、お互いの経験や技術を積極的に共有し合い、交流を深めることで共に向上を図っていきたいと考えています。科学普及教育の分野におけるジャイアントパンダが持つ特別な役割を十分に発揮し、ジャイアントパンダの科学普及教育事業の新たなステップへと踏み出そうではありませんか」と呼び掛けました。

 成都パンダ基地の譚洪明副書記は主催者を代表し、各代表らに歓迎の意を表しました。「これまで成都パンダ基地は、国家林業草原局の要求に基づき中国国内の科学普及教育を目的としたジャイアントパンダの貸与・展示活動を展開してきました。2018年12月現在、成都パンダ基地は29か所の施設とジャイアントパンダの科学普及教育活動を展開し、それらの施設で暮らすジャイアントパンダは60頭に達しています。我々は、科学普及教育を目的とした貸与・展示事業を非常に重視し、貸与先に対して経験、技術、資料、情報の提供や専門家の実地指導などを長期に渡り行ってきました。その結果、ジャイアントパンダの福祉の大幅な向上に繋りました。今後も定期的に会議を開催し、国内のジャイアントパンダの科学普及教育活動に向けた貸与・展示事業の発展のため皆さんと意見を出し合えれば幸いです」と述べられました。

 当会議は、中国国内初となる「科学普及教育を目的としたジャイアントパンダの貸与・展示管理」をテーマとした交流会議として、政府の各管理機構の多大な支持のもと、成都パンダ基地主催で開催されました。野生動物の科学普及教育活動のための貸与と展示事業の分野における新たな試みとして、非常に重要な意味を持っています。会議には、管理機構の代表者ら、ジャイアントパンダの飼育施設の代表者ら、各界の専門家らが一堂に会し、ジャイアントパンダの飼育管理技術、科学普及教育、疾病予防と健康管理、飼育環境やエンリッチメントなどの分野で高度なディスカッションが展開され、お互いの交流を深めていました。この度の会議の成功により、中国の絶滅危惧野生動物の保護と生態保護事業のさらなる前進と、中国のジャイアントパンダの科学普及教育事業の新たなステージへの邁進に繋がったことでしょう。

 

 





中国林業草原局野生動植物保護司ジャイアントパンダ保護管理処処長の王振占氏の挨拶


四川省林業草原局野生動物資源調査保護管理センターの楊旭煜センター長の挨拶


成都市林業園林管理局副巡視員の羅葉氏の挨拶


成都パンダ基地の譚洪明副書記の挨拶




  • 住所:中国四川成都外北成都大熊猫繁育研究基地、郵便番号: 610081
  • ©2007成都大熊猫繁育研究基地