日本語 ▼

ニュースセンター

中国のスター・王一博の公益サイトがジャイアントパンダ「王妮娜」の里親に

時間:2020-08-18 11:47:33 シェア:

 

 2020年8月5日、中国のスター・王一博(ワン・イーボー)の公益サイトは、彼のファンから集まった10万人民元を成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地(以下、成都パンダ基地)に寄付し、ジャイアントパンダの里親に任命されました。ジャイアントパンダは「王妮娜」(ワン・ニーナー)と名付けられ、その任命期間は今後1年間を予定しています。

 成都パンダ基地は、王一博の公益サイトからの寄付に感謝の意を表しました。公益サイトの代表者は、より多くの若者にジャイアントパンダに関する知識や絶滅の危機に瀕した野生動物の保護の重要性を理解してもらい、新世代を担うエネルギーに満ち溢れた若者になってほしいと話していました。

 ジャイアントパンダ「王妮娜」の情報:

 「王妮娜」(幼名:妮娜、ニーナー)は、2017年7月20日に生まれたメスのジャイアントパンダです。出生当時は91gだった体重も、現在では93㎏にまで増えました。現在、「王妮娜」は基地内の幼年ジャイアントパンダコテージで暮らしています。穏やかで優しい性格をしており、食欲旺盛でタケノコとリンゴが大好きです。また、一緒に暮らす仲間たちとも仲良しで、よく木の上で物思いにふける様子が見られます。

 

 







住所:中国四川成都外北成都大熊猫繁育研究基地、郵便番号: 610081
©2007成都大熊猫繁育研究基地