日本語 ▼

ニュースセンター

ジャイアントパンダ国立公園の新春科学普及イベントが成都パンダ基地で開催

時間:2021-02-23 15:01:02 シェア:

 

 先日、ジャイアントパンダ国立公園の新春科学普及イベント「雪山下の公園都市、玄関先の国立公園」が成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地(以下、成都パンダ基地)で開催されました。当イベントは、成都市公園都市建設管理局主催、ジャイアントパンダ国立公園成都市管理支局運営、成都パンダ基地、成都人民公園、成都青塘文化伝播有限会社協賛、CCTVネット版のパンダ・チャンネルとPandapiaのサポートの元で開催され、成都パンダ基地におけるオリジナル展示とインタラクティブ方式とが融合した展示方式が採られました。現場でのオリジナル展示は、2月26日まで開催されました。

 成都市民をはじめとするイベントの参加者は、スタッフの解説に真剣に耳を傾けた後に積極的に質問を投げかけ、イベント会場は大変な賑わいを見せていました。子供たちはパネル上のジャイアントパンダ国立公園に関する情報を保護者から教わり、若者たちはジャイアントパンダのパネルの前で新春の記念撮影を行っていました。また、インタラクティブゲームを通じて、ジャイアントパンダなどの野生動物について学ぶお年寄りの姿も見られました。イベントを通じて、参加者は野生動物について学び、さらには、様々な科学普及のPRグッズも受け取っていました。

 今回のイベントの開催目的として、ジャイアントパンダ国立公園や雪山下の公園都市である成都市に対する参加者の理解をより深めることが挙げられます。そして、より多くの人に、ジャイアントパンダ国立公園の恵まれた生物多様性と、そのエリア内の施設や科学研究を応用した保護活動について知ってもらいたいと考えています。


  


イベント会場の様子


ジャイアントパンダのパネルで記念撮影をするイベントの参加者


オリジナルの展示パネルを用いてジャイアントパンダと背比べをするイベントの参加者


ジャイアントパンダ国立公園のゲートをくぐるイベントの参加者


積極的にイベントに参加し、PRグッズを受け取るイベントの参加者
 

住所:中国四川成都外北成都大熊猫繁育研究基地、郵便番号: 610081
©2007成都大熊猫繁育研究基地