日本語 ▼

ニュースセンター

成都パンダ基地で第13期ボランティア研修会を開催

時間:2022-05-16 17:07:37 シェア:成都大熊猫繁育研究基地

 

 今年5月14日と15日に成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地(以下、成都パンダ基地)で第13期ボランティア研修会が行われ、オンライン選考とキャンパスでの募集会を経た入選者たちが参加しました。その結果、37名が成都パンダ基地のボランティアチームに正式に加わり、新たなエネルギーが注ぎ込まれました。

 今期のボランティア要員は、オンライン募集の他にも理工大学管理科学学院青年ボランティア協会協力のもと現地での募集活動が行われ、多くの応募が集まりました。履歴書選考と面接を通過した入選者は、成都パンダ基地で開催された研修会に参加しました。2日間に渡って行われた研修会では、成都パンダ基地と科学普及部の概要、ジャイアントパンダやレッサーパンダ、および生物多様性に関する知識、解説のテクニックなど、環境や動物保護にまつわる知識を幅広く学び、入選者たちは“竹林の隠遁者”に対する間違った認識を改めた上で正しい知識を身に付けていました。また、研修会を通じて、動物保護に積極的に取り組むよう入選者たちに呼びかけました。

 その後、入選者たちはスタッフに案内されながら博物館や各解説スポットを見学し、ジャイアントパンダの習性や成都パンダ基地にについて理解を深めていました。また、先輩ボランティアからは体験談や各シチュエーションに合わせた解説テクニックなどがレクチャーされ、ボランティアの日々の業務やボランティア精神の維持のコツなどを教わりました。

 最終試験では、筆記試験や面接を通じて入選者たちは自らが培ったジャイアントパンダの知識をより確かなものにし、解説プロセスや過去に学んだ事柄、緊急事態への対処方法を習得していました。

 2日間の研修会は無事に終了し、ジャイアントパンダに精通し強い動物保護意識を持った優秀なボランティアを選出することができました。

 第13期ボランティアの皆さん、あなたたちの参加を心から歓迎します!今後、皆さんがボランティアファミリーの一員として基地の各保護活動のサポートに努め、成都パンダ基地のイメージ向上のために貢献してくれると信じています。皆で力を合わせて、ジャイアントパンダの保護事業を発展させましょう!


成都パンダ基地の第13期ボランティアたち











座学研修の様子





基地、および各解説スポットの見学





感想の共有や各シチュエーションに合わせた解説方法を披露する入選者












住所:中国四川成都外北成都大熊猫繁育研究基地、郵便番号: 610081
©2007成都大熊猫繁育研究基地