日本語 ▼

ニュースセンター

日本中医薬研究会 パンダ「冠元」の新しいスポンサー

時間:2003-11-18 15:41:53 シェア:

 

 2003年11月4日、基地は日本中医薬研究会からの80人余りのお客様を迎えた。彼らの今回の成都ツアーは主に我が国の国宝パンダを助養するためにいらっしゃってきたのだ。この前、該研究会は基地に代表を派遣したが、今年6頭の赤ちゃんパンダを繁殖生存し、今健康状況が良好だということを知って、メスの1頭を助養することを決めた。そしてその赤ちゃんパンダに「冠元」と名をつけた。本日は彼らはわざわざ式典に参加するために来たのだ。、多くのマスコミの前で、寄付金を基地のリーダーに渡した。それから双方の代表は儀式で挨拶をした。それにパンダのスポンサーになることによって、全国民の野生動物に対しての保護意識を強め、ほんの少しのことから、絶滅危惧種に、より美しく、より安全な居場所をあげるようと期待している。動物はわれわれ人類と自然との間のかけ橋である。人類と動物が一緒に仲良く共存できることを祈る。なぜかというと、地球は私たちの共同の郷里であるから。

住所:中国四川成都外北成都大熊猫繁育研究基地、郵便番号: 610081
©2007成都大熊猫繁育研究基地