日本語 ▼

ニュースセンター

成都パンダの双子は百万“ベンチャー投資”を勝ち取ります

時間:2008-01-04 16:43:46 シェア:

 

 8 日午前、“中国でハイテク産業のリスクファンドを取り入れる第 1 人”と誉められている熊暁 ? 先生は今まで最もリスクのない一回“ベンチャー投資”を宣言しました、即ち 100 万元の人民元で成都パンダ繁殖育成研究基地の 1 組のパンダの双子の一生を助養します!

 


 

中国動物園協会副会長張安居は米国国際データグループ IDG アジア区総裁の熊暁 ? 先生に助養証明書を公布します

 

 全世界の有名なベンチャー投資の専門家としての熊暁 ? は同時に米国国際データグループ IDG アジア区総裁、中央テレビ局の“中国で勝つ”の特約審査委員でもあります。“この 100 万の‘投資'は実は 1 年前にすでにしましたが、今回の特別な投資を特別なパンダに与えた後で、投資効率はどんな変化が発生されることを見てみたいために、ずっと外に宣言していません。 ” と彼はからかって言いました。調査によると、 2005 年、成都パンダ繁殖育成研究基地は 2005 年に子を産して 2 匹だけ成育している歴史の谷間を経験し、パンダ保護の科学技術者は前例のない圧力に直面しています、但し 1 年近くの怠らない黙々としての努力を経て、 2006 年 8 月 6 日に、パンダの基地はついに当時の全世界の第 1 組のパンダの双子が誕生しました。 2006 年 8 月 14 日即ち彼らの誕生の 1 週間の後に、熊暁 ? はパンダの基地を見学し、ここの従業員の高い水準の科学研究の育成仕事、順番で 24 時間仕事して数ヶ月に家に帰られないで全力を尽くす、これらの努力の陰でパンダと自然環境にもたらす希望を見ました。 1 時間見学した後に、彼は出発前に思いきりよく 100 万元で双子に対して投入することを表して、そして直ちに合意書を締結しました。

 


 

成都パンダ繁殖育成研究基地副書記譚洪明は米国国際データグループ IDG アジア区総熊暁 ? 先生に贈り物を贈呈します

 

 今のところ、生まれた頃に 169 グラムと 119 グラムしかない兄弟の 2 人はすでに 38.5 キログラムと 39 キログラムに達した太い野郎になりました。“今から見ると、私の今回の投資は完全にリスクがない投資だと思っています。私は彼らに‘楽山'と‘楽水'と名を付けたのは、人類は近代的なハイ・テクノロジーが急速に発展し経済効果を求める今日に依然としてパンダのように楽山(山が好き)、楽水(水が好き)、すばらしい自然環境を持つよう希望します。”と言った熊暁 ? は基地の関連責任者の贈呈するパンダの密画を迎えた時、あごをはずすほど笑いました。基地の関連責任者は次のように表明しています、まさに 2006 年の第一口の“ベンチャー投資”の激励の下に、基地は 2 年全部で 20 匹のパンダを成育しました、中米日は同時に成功的にパンダを繁殖させて育成しています、全世界の第一組のパンダの双子は帰国します、世界で生まれた重さが一番軽いパンダの幼い子“ 51 グラム”を成功的に成育させます ……

 


 

米国国際データグループ IDG アジア区総裁熊暁 ? 先生 はパンダと親密に接触しています

 

米国《国家地理》全世界総裁 Tim Kally と夫人はパンダと親密に接触しています

 

 調査によると、《国家地理》全世界総裁 Tim Kally は夫人と一緒に熊暁 ? の同伴でパンダの基地を見学しました。彼は、パンダは中国のシンボルだけではなくて、全世界の絶滅危惧動物保護のシンボルでもあると表しています。もっと多い人にパンダ保護の現状を知って頂くため、全世界の人に彼らの未来に関心を持って頂くために、 Tim Kally と熊暁 ? は共に 1 部の大規模のパンダに関しての 3 次元の映画を撮影します。

住所:中国四川成都外北成都大熊猫繁育研究基地、郵便番号: 610081
©2007成都大熊猫繁育研究基地