日本語 ▼

ニュースセンター

パンダ生息地保護教育育成訓練会が白水河自然保護区 nature reserve で開催された

時間:2008-02-22 17:03:17 シェア:

 

 2008 年 1 月 20 日 から 1 月 25 日 まで、空いっぱいに雪を飛んでいる時、世界自然基金会( WWF )から出資援助して、成都パンダ 繁殖育成 研究基地と白水河自然保護区は四川省の白水河自然保護区で“パンダ生息地保護教育育成訓練会”を共同開催しました。白水河自然保護区、王朗自然保護区、千仏山自然保護区、嘛?沢自然保護区、竜渓 - 虹口自然保護区、甘粛白水江自然保護区などを含んだ合計 15 の自然保護区の保護教育プロジェクトの責任者とコミュニティの代表は今回の育成訓練会に参加しました。

 

 

 

 

 

 今回の育成訓練会の上で、パンダ基地の Sarah M.Bexell 博士と基地プロジェクトの専門家は講座を担当し、そして四川省林業庁高級技師の生態旅行専門家の張黎明、保護国際の生態旅行専門家の田 ? を招待して、保護区の共に関心を持っている生物多様性の基本知識、保護教育の具体な内容と展開方式、生態旅行と保護教育の互いに結合する基本的な理念、実例分析およびプロジェクトの資金申請と国際協力などの問題については、奥深いがごく分かりやすくて、生き生きとしている解説を行いました。 育成訓練会の過程中で、育成訓練に参与している専門家は皆さんを連れて、面白い屋外の教育体験活動を行いました。また各保護区は専門家の指導のもとで、自身の具体的な実際の情況によって、相互に交流と協力を通じて、自身の実際に合って、そして実行可能性を持った保護教育計画を設計しました。

住所:中国四川成都外北成都大熊猫繁育研究基地、郵便番号: 610081
©2007成都大熊猫繁育研究基地