日本語 ▼

ニュースセンター

《成都パンダマニア》という大型記録映画が成都で撮影し始めます

時間:2009-04-01 10:01:35 シェア:

 

 イギリス人のアンドリュー・グラハム氏は足跡がほとんど全世界の至る所に及んで、作成した記録映画がエミー賞、ワイド・スクリーン賞、皇室テレビ協会賞などを受けています。1つの正真正銘のパンダマニアとして、彼は 3 年間の時間を利用し成都で大型の特別テーマの記録映画《パンダマニア》( pandamania )を監督します。昨日、この映画は成都パンダ繁殖育成研究基地で正式に撮影し始めました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 聞くところによると、記録映画《パンダマニア》はイギリスラジオ放送会社( BBC )と動物星( AnimalPlanet )チャンネルが共に出資し、イギリス AGB 映画会社で撮影するように頼んでいます。その時 BBC と動物星を通して全世界に発行放送します。彼らは 3 年間の時間を利用し成都パンダ繁殖育成研究基地のパンダを追跡し撮影することを計画します、同時に成都市政府が数年来パンダ保護、環境保護などの面でしたたゆまぬ努力と成都の人文、地理、歴史などの元素を溶け込みます。

 

 《パンダマニア》が 2011 年に放送する予定です、それによって、世界自然基金会( WWF )の創立 50 周年を祝います。これは世界基金会の発起人であるピット・キコト氏が最初に“美しくて、絶滅危惧かつ全世界人民の好感を深く受けられた”パンダを自然界のすべてのすぐに消えてしまう動物とするシンボルになります。

 

 《ロサンゼルス・タイムズ》《ニューヨーク・タイムズ》《ワシントン・ポスト》などの世界で有名な主流なメディアは昨日《パンダマニア》の撮影儀式について報道を行いました。

 

住所:中国四川成都外北成都大熊猫繁育研究基地、郵便番号: 610081
©2007成都大熊猫繁育研究基地