日本語 ▼

ニュースセンター

国際巨星ジャッキー・チェン先生が成都パンダの大使を担当します

時間:2009-05-14 10:13:30 シェア:

 

 2009 年 5 月 12 日 、国際巨星ジャッキー・チェン(成竜)先生が成都パンダの大使を担当し、そしてパンダの“成成”、“竜竜”を見分けて養う式典は成都パンダ繁殖育成研究基地で盛大に行いました。

 

 式典の上で、基地主任の張志和とジャッキー・チェン氏はパンダを見分けて養う協定書を締結しました、ジャッキー・チェン氏は 100 万人民元を寄付し、 1 対のパンダの幼い子を見分けて養うことにして、“成成”、“竜竜”の名前をつけました、ジャッキー・チェン氏は、その場の賓客に、“私は‘成成'、‘ 竜竜'という息子と娘を持つだけではなくて、またもっと多くのパンダの子供が欲しい”と言っています。そして自分の 10 年間のパンダコンプレックス、“ 10 年前に、私はドイツベルリンで初めてパンダを見た時、パンダがとても好きで、午後中ずっと立ってパンダを見ています、その後、パンダの記録映画があれば私が全部見ます、パンダが本当にとてもかわいい動物です、私はここに来る道中で、パンダを見て、抱いて、その鼻、口を触ることができると思い付きますと、たいへん感動します”と述べました。

 

 成都市対外文化交流協会、成都旅行協会は正式にジャッキー・チェン氏が成都パンダの大使を担当するように招聘し、そしてジャッキー・チェン氏に成都パンダの大使証明書を授与しました。ジャッキー・チェン先生は、成都パンダ の 大使として、更に多くの人が四川への関心を持って、成都と成都パンダに関心と愛を与えるようにします、そして今後自分の国際映画ファンを通して資金を調達しパンダに寄付すると表しています。

 

 活動が終わった後に、ジャッキー・チェン先生はまた基地のパンダ分娩室へ行って息子と娘の“成成”と“竜竜”を見回し、更に彼らと親密にいっしょに写真を撮りました。

 

活動式典現場

 

パンダ基地の張志和博士とジャッキー・チェン氏は パンダを見分けて養う協定書を締結しています

 

 

 

 

 

 

ジャッキー・チェン氏に成都パンダの大使証明書を授与しています

 

 

 

 

 

 

住所:中国四川成都外北成都大熊猫繁育研究基地、郵便番号: 610081
©2007成都大熊猫繁育研究基地