日本語 ▼

ニュースセンター

マカオに送るパンダのための送別会

時間:2015-05-05 09:39:35 シェア:

 

ご挨拶している中国林業局保護司司長兼中国ジャイアントパンダ保護管理事務室主任の張希武氏送るパンダへの送別会が成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地で行われました。
 

 

 中国林業局副局長の陳鳳学氏、中国林業局保護司司長兼中国ジャイアントパンダ保護管理事務室主任の張希武氏、中国ジャイアントパンダ保護研究センター書記の張志忠氏、国務院香港マカオ事務弁公室連絡司副司長の周駿氏、国務院香港マカオ事務弁公室連絡司処長の李慶寧氏、マカオ特区政府民政総署管理委員会副主席の羅永徳氏、マカオ特区政府民政総署管理委員会委員の梁冠峰氏、四川省林業庁副庁長の降初氏、四川省人民政府香港マカオ事務弁公室副巡査員の郭嘉農氏、成都市人民政府副秘書長の覃文林氏、成都市林業と園林管理局副局長の羅叶氏と李健氏、及び成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地主任の張志和氏などののリーダーが送別会にご出席なさいました。中央テレビ局、新華社などの中央メディアと、海外及び四川、成都のメディアらが取材にきてくださいました。
 

 参加者のリーダたちはまずマカオに送るパンダに関するビデオを見てから、中国林業局副局長の陳鳳学氏よりパンダが無事にマカオに到着でき、向こうでの新生活に早く慣れるようにという内容のご挨拶をしてくださいました。その後、陳鳳学副局長とマカオ特区政府民政総署管理委員会副主席の羅永徳氏、国務院香港マカオ事務弁公室連絡司副司長の周駿氏と三人で一緒にクリスタルボールを押し、パンダのマカオへ行く旅路につくことを宣されました。マカオ特区政府民政総署管理委員会の梁冠峰委員、四川省林業庁の降初副庁長、四川省人民政府香港マカオ事務弁公室副の郭嘉農巡査員、成都市人民政府の覃文林副秘書長、成都市林業と園林管理局の羅叶と李健副局長、及び成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地の張志和主任などのリーダーもこの嬉しい一刻をシェアなさいました。
 

 2014年12月19日に、マカオ回帰15周年の記念活動にご出席なさった習近平総書記は中央政府がまた2頭のパンダをマカオに送ることを宣なさいました。その後、中国林業局と国務院香港マカオ事務弁公室、マカオ特区政府、マカオ特区政府民政総署及び四川省などの何機構は中央政府の指示により、何回も渡り交流、協調し合いこの計画を進めていました。中国林業局と国務院香港マカオ事務弁公室にリーダーされ、四川省林業庁、成都市林業局などの何部門に支持された成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地はいろいろな困難を克服しながら、限られた時間に専門家を集め、複数の討論、実地考察を催してから、ようやく家系図番号667番と726番のパンダをマカオに送るパンダとして決めることにたどり着きました。
 

 この2頭のパンダは4月30日の午後14:00時に、中国国際航空の649便でマカオへ飛んでゆき、マカオ政府も当日の午後17:00時に石排湾郊外公園で歓迎式を行う予定です。その後ペアのパンダは検疫所に運ばれ、30日の隔離検疫を経てから、6月1日にマカオ市民と面会する予定です。

 

 マカオでの毎日が楽しく過ごせるように、ペアのパンダは応募された「開開」と「心心」の名前でマカオでの新生活が始まるのです。

 

 


4月30日未明、カゴに入るマカオゆきのパンダ 

 


4月30日未明、カゴに入るマカオゆきのパンダ 

 


4月30日未明、カゴに入るマカオゆきのパンダ

 

  


送別会現場

 


ご挨拶している中国林業局保護司司長兼中国ジャイアントパンダ保護管理事務室主任の張希武氏

 


ご挨拶している中国林業局副局長の陳鳳学氏

 


ご挨拶している中国林業局副局長の陳鳳学氏

 


送別会にご出席なさる佳賓とリーダーたち

 


三人で一緒にクリスタルボールを押し、パンダのマカオへ行く旅路につくことを宣した陳鳳学副局長とマカオ特区政府民政総署管理委員会の羅永徳副主席、国務院香港マカオ事務弁公室連絡司の周駿副司長。

 


三人で一緒にクリスタルボールを押し、パンダのマカオへ行く旅路につくことを宣した陳鳳学副局長とマカオ特区政府民政総署管理委員会の羅永徳副主席、国務院香港マカオ事務弁公室連絡司の周駿副司長。

 

 
空港ゆきのスタンバイをしたパンダ入りのカゴ

 

 
空港ゆきのスタンバイをしたパンダ入りのカゴ


 
空港ゆきのスタンバイをしたパンダ入りのカゴ

 

マカオ行きのパンダについて

 

家系図番号726番の婭林

 

家系図番号726番の婭林

 

オス:開開(婭林と呼ばれていた)

家系図番号:726番

年齢:7歳

生年月日:2008年8月24日

体重:110キロ

母親:婭婭(家系図番号362)

父親:屏屏(家系図番号377)

 

 目の周りに特に大きいクマを持っている開開は頭が丸くて、両側の睾丸の発育がよくできている丈夫な子です。また開開は頭もいいし、精力旺盛で活発な子で、仲間同士との交流がよくできているから、強いリーダーシップの持ち主だと思われています。後ろ足が力強くて、木登りが特に上手です。

 

 

家系図番号667番の蜀蓉

 

家系図番号667番の蜀蓉

  

 

メス:心心(蜀蓉と呼ばれていた)

家系図番号:667番

年齢:8歳

生年月日:2007年7月5日

体重:110キロ

母親:蜀慶(家系図番号480)

父親:琳琳(家系図番号455)

 

 口も頭も、耳も体も……どこも丸々の感じがしているから、活発で遊び好きな心心はユニークな面白みのあるパンダです。食欲が旺盛で体も大きい心心ですが、意外に弱い仲間をいじめることは絶対しない優しい子です。適応性も相当強いです。

 

 

 

住所:中国四川成都外北成都大熊猫繁育研究基地、郵便番号: 610081
©2007成都大熊猫繁育研究基地