パンダも芸術、国境なきの保護を----『「UNDPイメージ大使」の名前募集かつ「UNDPパンダ使者」の応募イベント』が成都でスタート
  • シェア:
  • 時間:2016-01-27

 国連開発計画署、中国野生動物保護協会、四川省野生動植物保護協会、四川省ジャイアントパンダ保護基金会、成都市人民対外友好協会より発起され、成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地、成都ジャイアントパンダ繁殖研究基金会などの13カ国の20軒あまりの動物園に共催された『「UNDPイメージ大使」の名前募集かつ「UNDPパンダ使者」応募イベント」』が2016年1月17日に成都で開始いたしました。

 


「UNDPイメージ大使」の署名式典に出席された国連開発計画署在中国代表処の文霭洁主任と成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地の張志和博士
 


イベント現場
  


四川省林業庁降初副庁長よりのご挨拶
 

 
国連開発計画署在中国代表処の文霭洁主任(Agi Veres)よりのご挨拶
 


国連開発計画署在中国代表処の霭洁主任(Agi Veres)よりUNDPパンダ使者」の証明書をいただいた女優の姗姗さん
 


国家林業局野生動植物保護と自然保護区管理司の賈建生副司長よりのご挨拶
 


成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地の張志和博士より「UNDPパンダ使者」の名誉プレートをいただいた名優の袁姗姗さん
 

 


公式サイトをクリックしてイベントの開始を告げられたマカオ民政総署の梁冠峰委員、韓国サンムサンエバーランド動物園パンダプロジェクトの責任者宋大愚氏、北京動物園の張頤春園長、広州動物園の劉立軍園長と成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地の張志和博士などのリーダーたち
 

 


月産室でパンダに食物の準備をしておく「UNDPパンダ使者」の袁姗姗さん

 

女優の袁姗姗さんが代弁 パンダ保護を呼びかける

 
パンダも芸術、国境なきの保護を

国連の17つの持続可能な開発目標と同じように、パンダ保護も国境を超えて、全人類発展の共同目標となっています。パンダをテーマにした芸術品はパンダという絶滅危惧類の代表をより多く知るためのいい道だから、ある意味で、『「UNDPイメージ大使」の名前募集かつ「UNDPパンダ使者」の応募イベント」』の開始は、パンダ保護事業の豊富化とも言えるでしょう。

 成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地の月産室ではユニークな「UNDPイメージ大使」の署名式典が行われました。署名式典に出席なさったのは国連開発計画署在中国代表処の文霭洁主任と成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地の張志和博士の他、可愛い双子のパンダ赤ちゃんもいました。国連開発計画署の史上での初めてのパンダ大使としてのこの双子は協議書に「サイン」することで、イベントの開始を「宣言」しました。

国境なきの保護 愛をこめてパンダの故郷へ

今回のイベントは主にインターネットをプラットフォームとして、パンダ保護、文化、芸術と観光などを中心に行われます。具体的に言うと、次の四つの部分が含まれています:「UNDPイメージ大使」の名前募集かつ「UNDPパンダ使者」の応募イベント、パンダも芸術、国境なきの保護を----ジャイアントパンダのアートツアー、「パンダの歌」の応募とパンダ故郷の神秘を探る旅。
 

パンダも芸術 白黒文化の奇妙な時空

ジャイアントパンダは絶滅の野生動物でありながら、ユニークな魅力を持っている文化のシンボルとも言えるでしょう。

 UNDPパンダ使者の体験イベントの一部分として、「パンダも芸術、国境なきの保護を----ジャイアントパンダのアートツアー」がパンダ文化を伝播する奇妙な旅を見せてくれるでしょう。

音楽に国境はない ミュージシャンの黄小茂氏が「パンダの歌」に助力

音楽は人間同士の素晴らしい交流のしかたでありながら、国境のない世界とも言われています。パンダをテーマとする音楽も音楽界での重要な一部分ですが、1984年の「パンダミミ」と2006年の「超可愛い、超ラッキ」以後、みんなに喜ばれるパンダのヒット曲がなかなかないようです。

イベントに関する情報をより多く知りたい方は次の『「UNDPイメージ大使」の名前募集かつ「UNDPパンダ使者」の応募イベント』公式サイトにアクセスしてください。

公式サイトのリンク:   www.sdgpanda.org




  • 住所:中国四川成都外北成都大熊猫繁育研究基地、郵便番号: 610081
  • ©2007成都大熊猫繁育研究基地