パンダ基地での日帰り旅行―――「パンダ科学体験キャンプ」
  • シェア:
  • 時間:2017-04-06

最近、成都市内の40名の小学生がパンダ基地で行われた「パンダ科学体験キャンプ」に参加しました。
活動にはパンダの謎探りや、環境保護に関するゲームや、パンダ知識のクイズなどのほか、特別なインタラクティブ体験が設けられました。
オープンしたばかりのパンダ謎探り館は科学性、専門性とインタラクティブ性が集約されているから、子供たちはここでパンダの動画を見て、インタラクティブゲームを通してパンダ専門家の仕事を知りながら、自らパンダ知識の勉強ができるのです。これで子供たちの好奇心を満たすとともに、その科学精神を育てようとする狙いもあります。
その日の午後、基地スタッフに案内されてパンダ科学謎探り館に入った子供たちは、先生の紹介を聞いてから自由探索をしはじめました。電子地図模型の前にいた子供たちは各エリアのマークを押して、モニタリングの画面でパンダを観察したり、タッチスクリーンの前に座り指示された通りにミルクをあげることなどパンダ赤ちゃんの「面倒」を見たりしていました。またパンダの「お見合い」インタフェースに入り、パンダのために結婚相手を探し、その赤ちゃんの誕生を待ったり、パンダのミニ映画館で上映されている短編映画を見てパンダ及び専門家たちの仕事ぶりをより多く知ったりすることもできます。自分の好きなパンダはがきを選んで友達に祝福の電子メールを送った子もいました。
活動が終わったのですが、まだ意を尽くしていない子供までもいました。楽しく過ごしたこの一日に、彼らはいい勉強にもなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 住所:中国四川成都外北成都大熊猫繁育研究基地、郵便番号: 610081
  • ©2007成都大熊猫繁育研究基地