日本語 ▼

ニュースセンター

「第1回 ジャイアントパンダ・漢服ツアー」を成都パンダ基地で開催 ― 中国ブランドカルチャーと竹林の隠遁者がコラボ

時間:2021-07-02 11:53:30 シェア:

 
 先日、「第1回 ジャイアントパンダ・漢服ツアー」が成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地(以下、成都パンダ基地)と四川大学海外教育学院(以下、川大海外学院)の指導の下、徽外漢服の主催で開催されました。“ベスト漢服体験官”の 小夢 ·李孟羲、聴月店主、後雨山、嵩嵩ら100名の漢服愛好家や川大海外学院の世界各国の代表者が一堂に漢服を身にまとい、成都パンダ基地での「国宝+中国ブランドカルチャーの神秘探索ツアー」を楽しみました。
 
4R1A5936.JPG
 
4R1A5990.JPG
 
4R1A5994.JPG
 
 2020年、中国共産党中央委員会と国務院は主要国家政策として「伝統文化の全面的な復興」を打ち出しました。中国は、唯一文化的中断を経験していない古代文明国です。豊かな文化的背景を持ち、5000年の文化の蓄積により、各時代において独自の特色を有する数多の高度な文化を形成してきました。そして現在、伝統文化の真髄を掘り起こし、時代とともに前進しながら伝統文化と新たな流行とを組み合わせた現代独自の新文化の創造が求められています。中国国内外と大衆のニーズとの融合を図り、人々の需要に沿った現代文化を創り出すことが重要です。
 成都市の顔ともいえるジャイアントパンダと漢服。分野の垣根を超えた初めてのコラボレーションからは、優れた伝統文化を継承しながら革新を起こそうとする若い世代の意思が表れています。初開催となる「ジャイアントパンダ・漢服ツアー」は、ジャイアントパンダと漢服のコラボレーションを介することで、中国の物語や中国文化がより広く普及することを目的としています。
 2021年6月10日午後2時、成都パンダ基地の秘密探求館広場で「第1回 ジャイアントパンダ・漢服ツアー」の幕が開けました。まず、司会者から4名の“ベスト漢服体験官”が紹介され、イベントに参加した漢服愛好家に歓迎の意を述べました。その後、“ベスト漢服体験官”の1人である聴月店主が「成都市はパンダ文化と漢服文化が最も栄えている都市です。今回、2つの文化の融合に触れることで、若い世代の人々の伝統文化の継承と発展に対する意思を感じ取ることができました」と話しました。
 
4R1A6078.JPG
 
4R1A6093.JPG
 
4R1A6232.JPG
 
 開幕式が終わると、唐、明、宋などの様々な王朝の衣装を身にまとった漢服の達人や愛好家が聴月店主と小夢 ·李孟羲に案内されながら成都パンダ基地の竹林の歩道を練り歩き、盛大な「漢服園遊会」が行われました。その後、いくつかのグループに分かれ、パンダ国際芸術センターで展覧会「輝く動物たち」を見学しました。小夢 ·李孟羲と聴月店主は、モノクロホールで漢服愛好家と中国文化を代表するジャイアントパンダ、漢服、詩などの関連性について感想を述べ合い、共にジャイアントパンダの保護に取り組み、生態文明の保護と中国の伝統文化の継承と発展に関心を寄せるよう呼びかけました。
 パンダ文化と漢服文化とが融合した当イベントの開催を通じて、中国の伝統文化をよりグローバル化、かつ、地域や対象者に合わせた方法で表現したいと考えています。そうすることで、中国的特色を備え中国の精神や知恵を秘めた優れた文化が今後さらに世界に向けて発展していくことでしょう。
 
 5K2A4275.JPG
 
5K2A4287.JPG
 
 

住所:中国四川成都外北成都大熊猫繁育研究基地、郵便番号: 610081
©2007成都大熊猫繁育研究基地