日本語 ▼

ニュースセンター

ジャイアントパンダ博物館でシリーズイベント「ジャイアントパンダの成長記」を開催

時間:2021-10-25 13:31:36 シェア:

 

 先日、成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地のジャイアントパンダ博物館でシリーズイベント「ジャイアントパンダの成長記」が開催され、成都市成華区嘉祥外国語学校の学生や教師ら20名余りが参加しました。

 

图1改.jpg

 

 イベントはジャイアントパンダの成長過程を主要テーマに3つのパートに分かれており、「秘密探求のタイムリミットミッション」、「描いてみよう」、「科学的知識の解説」、「ジャイアントパンダ館でQ&A」などが含まれます。

 

 「秘密探求のタイムリミットミッション」では、学生たちがグループに分かれてジャイアントパンダにまつわる様々な情報を集め、科学普及スタッフから与えられたミッションカードを力を合わせて完成させました。

 

 

 「描いてみよう」では、学生らがスタッフの指導を受けながらジャイアントパンダの赤ちゃんの絵を描き上げ、創作ポイントを共有し合っていました。

 

 

 その後、科学普及スタッフはミッションカードを用いながら「生まれたばかりのジャイアントパンダの赤ちゃんはどんな見た目で、体重はどのくらいあるでしょう?」、「飼育下のジャイアントパンダの赤ちゃんはどのように成長するでしょう?」、「ジャイアントパンダの赤ちゃんはどうして母親パンダの初乳を飲まなければいけないのでしょう?」 など、ジャイアントパンダの成長について学生たちに解説を行いました。

 

 

 また、クイズを通じて、ジャイアントパンダの成長に関する知識をより正確に理解してもらうことが出来ました。

 

 

 最後に、学生らはスタッフに案内されながら、太陽の産室、亜成年や成年ジャイアントパンダの生活エリアを見学し、各成長段階のジャイアントパンダを実際に観察しながら理解を深めていました。

 

 

 学生らはイベントを通じて、ジャイアントパンダの成長は繁殖段階から多くの試練を乗り越えなければならないことや、繁殖や子育ての段階においても多くの困難が存在し、成長過程には母親パンダや飼育員の手厚いケアが必要であることなどを学んでいました。イベントに参加した学生たちは、“生きた化石”と呼ばれるジャイアントパンダのユニークな魅力を感じ取り、今後もジャイアントパンダにより深い関心を持ち続けていくことでしょう。

 

住所:中国四川成都外北成都大熊猫繁育研究基地、郵便番号: 610081
©2007成都大熊猫繁育研究基地