日本語 ▼

ニュースセンター

2006 年の全世界での、始めてパンダの双生児が成都で誕生しました!

時間:2006-08-08 15:57:47 シェア:

 

 2006年 8 月6日の午後17時 40 分、一声一声の産声に伴って、妊娠期間が150日間で 26 日間食を減りの成都パンダ繁殖研究基地の7歳のパンダ“奇縁”は、やっと今年成都の第一頭のパンダ赤ちゃんを生まれました。 17 分後、従業員がまだ喜びの中で浸る時、第二頭のパンダ赤ちゃんが生まれました。ですから、今年全世界の第 1 組のパンダの双生児がついに成都で誕生しました。検査によって生まれたパンダ赤ちゃんの体重は、 169 グラムと 119 グラムで、共に雄です。現在、母子の皆無事で健康です。従業員は毎 4 時間にパンダの赤ちゃんを交換して親パンダに母乳を受けられます。観光客は監視設備を通じて“奇縁”が子供を育てる情況を見ることができます。同時にガラスを通して、サーモスタットの中の人工で飼育されている赤ちゃんを見る事ができます。成都パンダ繁殖研究基地にこられないお客様は、ウェブサイトの http://www.panda.org.cn/qwxm/yy/yy.htm を通して、“奇縁”は子供を養育して貴重な映像を見ることが出来ます。


 


 


 


 

住所:中国四川成都外北成都大熊猫繁育研究基地、郵便番号: 610081
©2007成都大熊猫繁育研究基地