日本語 ▼

ニュースセンター

伝奇的なパンダの“姉妹の花” 2胎の“ 4 人の子供”を喜んで増やした

時間:2006-08-08 16:01:09 シェア:

 

 8月6日に続いて、全世界の第一組のパンダの双子が誕生された後の 24 時に、体は第一組のパンダの双子の雌になる“奇縁”という双子のお姉さんの“奇珍”(注: 2006 年 6 月に上海盛大会社に確かめて養われ、“彩虹”と命名される)はまた 8 月 7 日に 1 対の“小さいハンサムな男”を産まれました。これは世界上に初めてパンダの双子が 24 時間の内に連続的 2 日間にそれぞれ 1 対の双子を産まれたもので、奇跡といえます。

 8月7日午後 17 時 03 分に、 “奇珍”はお産を間近に控える陣痛を経験した後で順調に 1 匹のパンダの幼い子を産まれました; 17 時 58 分に、また第 2 匹の幼い子を産 まれました。誕生された幼い子の体重はそれぞれ 145 グラムと 51 グラムで、皆雄です。
 


 


 


 


 


 

 現在、この 2 匹の双子の姉妹の花、及び彼女たちが次々と生 まれた 4 人の小さいハンサムな男は母子が平安で、健康状況が良好です。国内外の公益事業に関心をお持ちいただく部門或は個人からの 確かめて養う ことを得るよう望んでおり、共にパンダと人類の間の“伝奇的な縁”に引き続いて、共に人と動物の調和がとれて共存する“美しい彩虹”を迎えよう!

 “奇珍”― “彩虹”の保存書類:みんなは新しい生命が連続して到来する喜びに浸っている時、更にこの匹が伝奇的なストーリを持っていることに言及しないではなりません、また妹の“奇縁”と一緒に新しく伝奇的な“ 奇珍 ”を創造されました: 

 1999 年 9 月 4 日、“ 奇珍 ”の母――有名な日本滞在のパンダの“梅梅”は彼女を生まれました。“ 奇珍 ”は“梅梅”の一番目の子供です。彼女が生まれた時、“梅梅”は母の経験をしていないかもしれなくて、意外にも、“ 奇珍 ”というこの全身真っ赤な毛が生えていないチビにびっくりさせられました。“ 奇珍 ”の胸部のあの一塊の弱い皮膚もほとんど驚き慌てている“梅梅”に引き裂かれました。幸いなのは豊富な経験を持ち、大胆かつ細心な飼育係が“梅梅”に傷をつかまれる危険を冒して、“ 奇珍 ”の傷を受けた体を奪い取ってきました。また最も短い時間内で、彼女に対して手術を実施しました。傷の程度がとても深刻なため、連続的に 7 針を縫って、傷口はやっと縫い合わせました。この“ 7 針”の手術を記念するためにみんながその“近似音”を取ってその幼名にする“ 奇珍 ”なのです。 2006 年に“ 奇珍 ”は同様に伝奇的な経歴を持つ上海盛大会社に確かめて養われ、“彩虹”と命名されています。

住所:中国四川成都外北成都大熊猫繁育研究基地、郵便番号: 610081
©2007成都大熊猫繁育研究基地