日本語 ▼

ニュースセンター

中国成都大熊猫繁育基地

時間:2006-08-16 16:31:23 シェア:

 

 中国は人が多い!と思っていたがきてみていろいろな所に行くとやはり多い!よくわからない怪しげな店もよくみかける。とにかくフルーツがめちゃめちゃ安い、桃が1個10円しないぐらいだ。僕は桃が好きなのでとてもうれしいが農家の人はこんなに安くてやっていけるのだろうかと心配になる。。。



 


 

 今回僕は大学の研修で渡部教授と研究室の仲間たちと四川省成都のパンダ基地に来ている。今日で9日目で半分が過ぎたところでこの感想を書いています。
 

 さすが学校の研修で来ただけあり、泊まるホテルは非常にきれいで食事は毎回豪勢であり、いろいろな手配も現地のスタッフがしてくれてとても楽である。現地の人から見たら金持ちの御曹司にでも見えそうだが、そんなことはない。日本ではご飯に納豆やインスタントラーメンを作って食べてます、と言いたくなる。毎日の生活はというと、朝8時にホテルをでて30分かけて基地に行きそこでいろいろな作業をやらしてもらえる。僕は三輪君と通訳の万芳さんとグループで、三輪君は英語を話せるし万芳さんもめちゃ日本語話せてめちゃ親切な人なので僕は何も考えず寝てるだけで大丈夫!?(^^)と思うぐらい、ついつい安心してしまう。パンダを見た感想はというと、こやつら本当に笹食べてるで!しかも何時間もひたすら食べ続けている。1日に数十キロ食べるらしい。笹で口をきらないのかと思うぐらいにボリボリ食べている。パンダ小屋の掃除を毎日しているがこれがなかなかに楽しい。飼育員のしーさんと一緒に笹を集めて糞を拾い水で洗い流す。いつも大量に笹を食べ残し贅沢な奴である。。他に講義を聴いたり、パンダの餌をつくったりと、毎日いろいろな事をしている。あと8日だがいろいろ楽しみだ。

住所:中国四川成都外北成都大熊猫繁育研究基地、郵便番号: 610081
©2007成都大熊猫繁育研究基地