日本語 ▼

ニュースセンター

パンダの晶晶は国外のメディアの関心を持つ対象になった

時間:2008-03-24 17:24:34 シェア:

 

 3 月 30 日 にイギリスのラジオ放送会社はわざわざ成都パンダ基地へ現地撮影をしに来まして、飼育係の日常仕事やパンダの現状などを取材しました

 

 今年はオリンピックの年で、成都パンダ繁殖育成研究基地は国外のメディアの関心を持つ対象になりました。この前、フランス新聞社の北京支社の記者も成都パンダ基地に来まして、 2008 北京オリンピックの福子供のパンダ“晶晶”に対して 2 時間で現地調査と撮影を行いました

 

 福子供の“晶晶”は北京の 2008 年第 29 期のオリンピックのマスコットとなりました、水晶は無邪気さが実にかわいらしいパンダで、どこに歩いても人々に歓楽を持って来ます。中国の国宝としてのパンダは世界の人民から深く喜ばれています。晶晶は広い森林から来て、その頭部の紋様は宋代の磁器の上のハス花弁の造型に源を発し、人と自然が和諧して共存することを象徴しています。晶晶は温厚篤実で楽観的で、力を満たして、オリンピックの五環の中で黒色の一環を代表します。

 

パンダ晶晶の1歳の写真

 

晶晶の 現在の写真

 

 

住所:中国四川成都外北成都大熊猫繁育研究基地、郵便番号: 610081
©2007成都大熊猫繁育研究基地