日本語 ▼

ニュースセンター

カナダのトロント動物園で双子を産んだ二順

時間:2015-10-21 10:03:03 シェア:

 

 カナダ時間の2015年10月13日夜3:30時に、成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地の専門家とトロント動物園スタッフらに協力され、二順は双子の赤ちゃんを無事に出産しました。体重がそれぞれに181.7gと115.1gの双子はとても元気です。

 

ママの日記:サンクスギビングデーのプレゼント

 

 (下記はカナダ動物園へ派遣された成都パンダ基地の飼育員陳敏、周雪燕の仕事日記によるものです)

 

 9月22日 減食し始まった二順が毎日食べるケーキの量は250gから150gに減りました。

 

 9月25日 エコー検査の結果は二順がまもなくお母さんになることを教えてくれました。

 

 9月28日 二順に下を舐める行為が出始まり、翌日の検査を通し、もう一匹の赤ちゃんがいることが分かりました。カナダ側の飼育員さんの話によると、いつもわがままだった二順はだんだんおとなしくなり、妊娠検査もちゃんと受けられるようになったそうです。

 

 10月4日 ますますイライラになった二順に、出産直前の行為も頻繁に出てきました。

 

 10月11日 この日からの二日間に、二順は完全にケーキとリンゴなどを食べなくなりました。きっと二順は自分の赤ちゃんを早くこの世に来て、カナダの一番美しい季節を見てほしいと思うが、でも二順、焦ないでね~

 

 10月12日 ちょうどカナダの感謝祭のこの日に、一日中もいらだっていた二順はリンゴも笹も何も食べずに、ただ行ったり来たりしていました。多分新生児がまもなく降りてくるだろうとみんな思っていました。

 

 10月13日 予想されたように、丸々一日を待った結果、二順はカナダ時間のこの日の3:31時に赤ちゃんを産んできたが、すぐ自分の赤ちゃんを咥えてあげませんでした。新米ママだから、急に目の前に出てきたこの赤ちゃんに怖がっていたでしょう?赤ちゃんが大声で泣いてからの30秒後、二順は不器用そうに赤ちゃんを咥えて上げました。

 

 座って、ゆっくり抱っこしてくれたママのおふくろにいる赤ちゃんがだんだん静かになったから、スタッフたちはほっとしました。新米ママの二順だが、かなり強い母性を持っているようです。二順が赤ちゃんを抱いているこの間、スタッフ全員は次の赤ちゃんの到来をじっと待っていました。3:44に二順が赤ちゃんの面倒を見るのに忙しかったとき、二番目の赤ちゃんも生まれてきて、さっそく待機していた飼育員に保育箱に置かれました。

 

 これから二順は穏やかにあかちゃんとの時間を楽しんで、子供たちの成長をちゃんと見守れば十分ですよ、後は何でも手伝ってあげる我々に任せてね!



初乳

 


初乳取り

 


臍帯切断

 


臍帯切断

 


授乳の手伝い

 


排便の手伝い

 


栄養補充

 

 

 

 

住所:中国四川成都外北成都大熊猫繁育研究基地、郵便番号: 610081
©2007成都大熊猫繁育研究基地