日本語 ▼

ニュースセンター

緑を探す「金宵」

時間:2022-02-26 17:01:04 シェア:

 

  ジャイアントパンダの「金宵」(ジンシャオ)は、「昭美」(ジャオメイ)の子供です。第32回夏季オリンピックの開会式当日に成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地(以下、成都パンダ基地)で誕生したオリンピックファミリーの新メンバーです。成都パンダ基地で暖かい春風がそよぐ頃、1歳にも満たない元気なオリンピックベイビーの「金宵」は春の新緑探しを始めました。

 新緑は斜面の苔に隠れているかもしれないな。斜面一面にびっしりと生えた緑色の苔からは春の息吹が感じられます。
 

斜面を這う「金宵」

 

 そうだ、緑はきっと固い石の下からも生えてくるだろう。春雨の後、一晩のうちに芽を出す植物は、しなやかで力強くもあります。

 



明るい新緑の中の「金宵」
 
 もしかしたら緑は木の高い所にもあるかもしれない。木のてっぺんに生い茂った深緑色の木の葉を背景にすると、「金宵」の姿はより一層引き立ちます。
 


 

 春の使者は、緑を色々な所に散りばめたのかもしれませんね。私たちもまだ気付いていない場所で、「金宵」は春の緑を見つけたのかもしれません。

 

「金宵」と母親の「昭美」

 

「金宵」と仲間の「輪輝」(ルンホイ)

 

住所:中国四川成都外北成都大熊猫繁育研究基地、郵便番号: 610081
©2007成都大熊猫繁育研究基地